AGA治療を始める前に血液検査が必要な4つの理由【NGが出た場合の対策も解説】

AGA治療を始める前に血液検査が必要な4つの理由【NGが出た場合の対策も解説】
  • 血液検査はどうやって受けるか不安…
  • 健康だけど必要なのかな
  • どうやったらAGAを予防できる?

AGA治療を始めようと思い調べると、血液検査があることを知り不安になる人がいます。しかし薄毛の悩みでだれにも相談できない人も多いはず。

この記事では、AGA治療で血液検査が必要な理由を解説します。記事を参考にすれば、血液検査を受け不安が少なくなります

内服薬を処方する前の血液検査は、内服薬による治療が可能か調べるためです。薄毛で見た目が老けてしまわないように、まずはセルフケアを始めましょう。

血液検査が必要な4つの理由

naze

AGAクリニックで治療を始める前に血液検査は必要。血液検査が必要な主な理由は下記の4つです。

  • 内服薬による治療が可能か調べる
  • 薄毛の原因がAGAか調べる
  • 治療薬の効果を予測するため
  • 遺伝子検査でリスクを調べる

AGA予防を始める際に受ける血液検査では「内服薬による治療が可能か」を調べるために行います。薄毛の原因も同時に調べることが可能です。

内服薬による治療が可能か調べる

AGA治療にはフィナステリドやデュタステリドなどの内服薬を使用。内服薬はすべての人に使用できるわけではないです。

内服薬は血液で体をめぐり肝臓で代謝されます。血液検査では肝臓の代謝が悪くなっていないか調べ、数か月から1年に1回は必要。

肝臓の状態は「AST」「ALT」「γ-GTP」という数値で調べます。血液検査でこれらの数値を確認し、肝臓の負担が許容範囲を超えないよう維持します。

チェックポイント

内服薬を服用する場合お酒はなるべく控えましょう

薄毛の原因がAGAか調べる

AGAの治療が可能か調べる際に、薄毛の原因がAGAか分かります。AGA以外の原因で薄毛になる人も多く、他の病気などが原因ならAGA治療は必要ありません

しかし髪の毛の状態を気にする男性は多く、20歳以上の男性の4人に1人が薄毛や抜け毛に悩んでいます。やや気にしている男性も含めると、男性の約半数が同じ悩みを抱えています。

toukei
出典|AGAスキンクリニック

チェックポイント

現代では20代から40代までアンチエイジングが普及しています。見た目の若さは1つの重要な要素

治療薬の効果を予測するため

AGA治療薬の効果を予測し不要な治療を防ぎます。しかし血液検査だけで効果を完全に予測することはできず、あくまでも予測の範囲を超えません

血液検査で問題がないと出ても治療効果が低い可能性があり、治療効果を予測する血液検査はメリットがあります。

一方で血液検査で問題がなくても、AGA治療は効果が出るまで短くても半年と長期服用が必要。

治療方法を間違えていると時間を無駄にしてしまうので、AGAだと思ったら専門家に相談しましょう。

遺伝子検査でリスクを調べる

クリニックによっては遺伝子検査を目的に血液検査をします。AGAは両親からの遺伝子によってリスクが変動する可能性があり、AGAが発症しやすいか判断します。

遺伝子検査は必須ではないので別料金が必要。しかしクリニックによっては遺伝子検査を必須にするところもあり事前に確認しておきましょう。

AGAクリニックの遺伝子検査で調べられるのはAGAに関する遺伝子のみ。他の遺伝子は別のクリニックや病院に相談する必要があります。

遺伝子検査で調べる血液検査は、内服薬による治療が可能か調べるためとは別です。

リスクレベルを評価するものなので、AGAであるかの診断ではありません。

血液検査で結果がNGの場合

woman

血液検査で結果がNGの場合にAGAを治療の主な対策は下記の3つです。

  • 頭皮環境を適切に整える
  • 睡眠によるストレス解消
  • 食生活のバランス見直し

頭皮環境を整えたり睡眠によるストレス解消、食生活のバランス見直しはセルフケア。

ゆるい
ゆるい

AGAクリニックに頼らない対策です

頭皮環境を適切に整える

入浴後にドライヤーでしっかり乾かすと頭皮で雑菌が繁殖しません。お風呂あがりにはドライヤーで乾かすと雑菌対策になります。

しっかり乾かすだけでなく、シャンプーに保湿する成分があると過不足なく頭皮が整います。

シャンプー中の抜け毛が気になる人には、低刺激の無添加シャンプーがおすすめです。アミノ酸系のシャンプーは頭皮への刺激が少なく、頭皮の負担を最小限にして洗えます。

【口コミ評判】STEMS(ステムエス)シャンプーはスカルプケアにおすすめ?(外部リンク)

睡眠によるストレス解消

睡眠によるストレスの解消はセルフケアで効果の高い予防。睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠のサイクルがあり、ノンレム睡眠で髪の毛の健康を左右する成長ホルモンが分泌されます。

成長ホルモンが分泌されると健康な髪の毛をつくり頭皮環境が整います。睡眠によるストレス解消は身近なセルフケア。

食生活のバランス見直し

食生活のバランス見直しも効果的。一方でAGAの進行を止めるものでなく対策の1つとして有効。

髪の毛に必要なたんぱく質や亜鉛、ビタミンなどの栄養素を補うことで抜け毛を予防します。

しかし食生活のバランスを見直すだけでは栄養が十分でない可能性があります。クリニックで入手できるサプリメントを併用するのも1つの手段です。

薄毛に効くサプリメントとは摂取すべき成分とその効果を解説(外部リンク)

AGAのセルフチェック2つ

check

AGAの簡単なセルフチェック方法は下記の2つです。セルフチェックでAGAだと分かったら早期に治療することをおすすめします。

  • 親族に薄毛の人がいる
  • 抜け毛が多くなって排水溝が詰まる

親族に薄毛の人がいる

親族に薄毛の人がいると遺伝的に薄毛になりやすいです。男性ホルモンの一種DHT(ジヒドロテストステロン)はAGAの原因になります。

男性ホルモンの一種「テストステロン」と、5αリダクターゼと呼ばれる体内の「酵素」と結びつき、DHTが生成されAGAが進行します

ゆるい
ゆるい

母方の家計から隔世遺伝する可能性も

AGAのメカニズムについては次の記事で解説しています。

【AGAによる薄毛と抜け毛の予防】薄毛の原因とメカニズムを徹底解説

抜け毛が多くなって排水溝が詰まる

1日の抜け毛は通常1日に50〜100本抜けて、季節の変わり目には400〜500本抜けます。おおよそ半数が髪の毛を洗っている時に抜けるので、50本以上排水溝にたまったらAGAの可能性があります。

出典|髪コト

確認する方法は、シャンプーなどで髪の毛を洗う際、排水溝に目の細かいネットなどを張ると確認しやすい

シャンプーの時に確認すると1番分かりやすいです。

AGAにまつわるQ&A

Q&A

AGAにまつわるよくあるQ&Aは下記の5つです。

  • AGA治療はなぜ高い?
  • 医療ローン(メティカルローン)って何ですか?
  • 医療費控除は使えますか?
  • 個人輸入によるAGA治療薬は入手可能?
  • 皮膚科でのAGA治療はいくら?

AGA治療はなぜ高い?

AGA治療が高い理由は保険が適用されないためです。同じ治療内容でもクリニックによって費用が異なる場合がほとんど

自由診療なので費用が高い

AGAは自由診療なので基本的に保険が適用されません。しかし海外で承認されている最先端の治療が受けられるというメリットもあります。AGA治療にかかる費用については次の記事で解説しています。

AGA治療は保険適用になるの?育毛にかかる治療費の目安をチェック(外部リンク)

医療ローン(メティカルローン)って何ですか?

医療ローンは別名「メディカルローン」とも呼ばれており、医療行為を受ける際にお金を融資するローン。AGA治療では医療ローンが使えます。

しかしクリニックが提供している医療ローンは、おおよそ金利4%前後から10%前後と高いです。

審査が早く通りやすい一方、消費者金融の金利と大差ありません。

ゆるい
ゆるい

経済的な面から言うと医療ローンはやめておくといいです

医療ローンには他にフリーローンカードローンなどがあり避けるのが無難

医療費控除は使えますか?

AGA治療では医療費控除は使えません。AGA治療は美容目的の治療なので、治療方法を問わず基本的にすべて医療費控除の対象外です。

AGA治療費は国税庁が定める所得税の基本通達に下記の通り記載があります。

いわゆる人間ドックその他の健康診断のための費用及び容姿を美化し、又は容ぼうを変えるなどのための費用は、医療費に該当しないことに留意する。

法第73条《医療費控除》関係|国税庁

AGA治療はこの中の「容姿を美化」「容ぼうを変える」に該当するため、医療費控除は基本的に対象外として扱われます。

個人輸入によるAGA治療薬は入手可能?

AGA治療薬は本来クリニックでしか入手できないですが、非正規ルートの個人輸入で入手することも可能

しかし個人輸入にはさまざまなリスクが潜んでおりおすすめできません。

ゆるい
ゆるい

“どうしても”利用したい場合のみ個人輸入は利用します

個人輸入を検討する際は自分のリスク許容範囲を超えていないか確認しましょう。

【AGA治療薬の個人輸入は偽薬が多い】AGAクリニックとの違いも解説

AGAクリニックの治療はいくら?

AGAクリニックの治療の最安値は月3,000円から30,000円まで行く場合もあります。

初診料は無料から5,000円、再診療は無料から3,000円と設定している場合が多く、血液検査なども含めると安くありません。

ゆるい
ゆるい

筆者は月5,000円以内で予防しています

しっかりとした計画を持って治療を行うことで経済的な面はカバーできます

AGA治療前に血液検査は必要

good

血液検査は下記の理由からAGA治療前に必要。AGA治療前に受ける血液検査では、内服薬による治療が可能か調べるために行います。

  1. 内服薬による治療が可能か調べる
  2. 薄毛の原因がAGAか調べる
  3. 治療薬の効果を予測するため
  4. 遺伝子検査でリスクを調べる

血液検査が嫌な場合はセルフケアによる対策がおすすめです。しかし確実にAGAを治療するなら専門家を頼るのが確実です。

AGAクリニックでは血液検査を実施しています。安全にAGA治療を受けるならサポートが充実したクリニックを選ぶのがポイント。

まずは無料カウンセリングを受け、薄毛の悩みについて相談しましょう。

【厳選おすすめAGAクリニック5選】初心者でも通いやすいクリニックを徹底調査

AGAクリニックに通ってみませんか?プロが無料でカウンセリングします。
AGAクリニックTOP5
AGAクリニックTOP5