オンライン診療を利用したAGAの予防【AGAクリニックの疑問も解消】

オンライン診療を利用したAGAの予防【AGAクリニックの疑問も解消】
  • 自分でできるAGA治療はあるのかな?
  • 安心して治療できるところに通いたい
  • 皮膚科とクリニックどちらでもいいの?

AGAを解消したいと悩む男性は多くいます。

しかし薄毛や抜け毛は気付きにくいので、いつの間にか髪の毛が薄くなっている男性は多いです。

この記事では、オンライン診療によるAGAの予防方法を解説します。

記事を参考にすれば、AGAの疑問が解決します。

AGAの予防は、はやいほど効果が期待の期待ができるので早期の治療がいいです。

少しだけ抜け毛が気になるくらいだから大丈夫かなと思っていると、AGAは進行して髪の毛は薄くなります。

見た目が若くいられるためにも、AGAの予防は若い頃から始めましょう。

薄毛の悩みを無料相談

オンライン診療を利用したAGAクリニックの選び方

remote

オンライン診療とはスマホやパソコン、タブレット端末などリモートで診察。

通院の必要はなく場所もインターネットがあればどこでも可能です。

クリニックなどの対面とは違い、リモートで診察する方法をオンライン診療と言います。

新しい制度で今も制度が整備されながら、適用範囲が広がっています。

ゆるい
ゆるい

リモートの診察が可能

オンライン診療は厚生労働省が発表した「オンライン診療の適切な実施に関する指針」においてつぎのように定義されています。

遠隔医療のうち、医師-患者間において、情報通信機器を通して、患者の診察および診断を行います。診断結果の伝達や、処方等の診療行為をリアルタイムにより行う行為。

参考:厚生労働省オンライン診療の適切な実施に関する指針

AGAの治療はオンライン診療が可能なため、在宅でもAGA治療は可能です。

AGAクリニックのオンライン診療で代表的な治療薬

主な治療は内服薬の服用と外用薬の塗布。

代表される内服薬と外用薬は下記の5つです。

  • プロペシア
  • フィナステリド
  • ザガーロ
  • デュタステリド
  • ミノキシジル(外用薬)

薄毛や抜け毛の改善をできることが、臨床データでわかっています。

AGAの治療には副作用を抑える必要がある。

AGAの治療が向いていない人は20歳未満の男性、60歳以降の男性です。

【AGA治療薬のリスク】7つの治療薬の効果と副作用を徹底解説

AGAクリニックのオンライン診察に血液検査が必要な理由

薄毛の原因は生活習慣の乱れや貧血、甲状腺の異常でも起きます。

しかし薄毛の原因がAGAか見た目では確実に判断することはできません

AGA治療で間違いが起きないために血液検査は必要です。

AGA治療をする前に血液検査を行い、AGA治療が可能か調べます。

AGA治療を始める前に血液検査が必要な4つの理由【NGが出た場合の対策も解説】

AGAクリニックのオンライン診療に代表されるメリットとデメリット

オンライン診療のメリットとデメリットは下記の8つです。

ゆるい
ゆるい

リモートならではのメリットは4つあります

  • 通院の手間がかからない
  • 待ち時間がない
  • 薬が自宅に届く
  • 人に会わなくて済む
ゆるい
ゆるい

しかしデメリットがないわけではありません

  • 正確な状態を把握しにくい
  • 医師とのコミュニケーションに限りがある
  • 毎回同じ医師がつくとは限らない
  • 治療方法が限定的

メリット1:通院の手間がかからない

長期の通院が必要なAGA治療では、通院が面倒になりがちです。

自宅からクリニックが遠い、仕事や育児で忙しいなどさまざまな理由があります。

オンラインでの治療はスマホなどで手軽に受けられるため長期の通院に向いています

メリット2:待ち時間がない

予約した時間になればすぐ診察を始められます。

受付に行く必要はないので、オンラインでログインしてから診察まで待つことはありません。

支払いはクレジットカードや銀行振込が一般的。診察終了から支払いまで待ち時間はありません。

メリット3:治療薬が自宅に届く

治療薬や処方せんは自宅に届くため在宅で受け取り可能。

クリニックによっては発送者を院長などの個人名に変更し、サプリメントとして配送可能です。

自宅に届いた時も家族や配送先に中身がわかることはありません

メリット4:人に会わなくて済む

薄毛の悩みは人に見られること。「治療しているところを見られたくない」「クリニックに通っているところを知られたくない」といった場合に有効。

オンライン診療であれば外に出ることなく治療が受けられるので知られることはありません。

周りに気づかれずにAGA治療を続けられます。

デメリット1:正確な状態を把握しにくい

リモートによるモニター越しの診察は対面より目視が難しく、触診ができないので対面診療に比べて患者の状況を正確に把握するのは難しいです。

AGA以外の薄毛の場合、クリニックのオンライン診療では効果が期待できません

デメリット2:医師とのコミュニケーションに限りがある

初診は医師がAGAと確かめるため、対面診療が確実と考えられています

治療による副作用の不安を解消する説明も、オンライン診療では限界があります。

デメリット3:毎回同じ医師がつくとは限らない

オンライン診療に限らず、AGAクリニックでは同じ医師が毎回治療の経緯を診察することは稀です。

なるべく同じ医師に見てもらいたくても、カルテだけ見て看護師がほとんど対応することはよくあります。

治療の問題はないです。同じ医師に見てもらうなら、皮膚科で受診することをオススメします。

デメリット4:治療方法が限定的

治療方法が限定されるのもデメリット。オンライン診療では治療薬によるAGA治療が一般的です。

症状の進行状況では通院による、ほかの治療方法がベストな可能性もあります。

その他のメリットとデメリットは別にまとめました。

AGAオンライン診療を利用するメリット5選【利用するか悩む時はデメリットと比較】

AGAクリニックで行うAGA治療の安全性

male-doctor

AGAは進行する脱毛症なので、なにもしなければ髪の毛は薄くなります。

額の生え際がM字型になってきたり、頭頂部のつむじが広がってきたらAGAの可能性。

AGAになってから約5年経過すると薄毛が目立つようになります。

最近のAGA治療ではフィナステリドでAGAを抑えつつ、ミノキシジルを頭皮に塗布するのが一般的。

チェックポイント

早期の服用で予防効果が期待できます。

進行してからでなく、予防することで年齢を重ねても薄毛を抑えます。

AGA治療で起きる初期脱毛とは

初期脱毛とはAGA治療薬を使用した時に、一時的に薄毛が悪化する減少のこと。

AGA治療薬は髪の毛が生えるヘアサイクルを正常にする働きがあります。

寿命を迎えつつある髪の毛が抜け落ちて、一時的に薄毛が悪化したように見えます。

一見すると副作用にも見えますが、ヘアサイクルを整えることで健康的な髪の毛に生え変わるために初期脱毛は必要です。

【実例あり】AGAの初期脱毛が起きるメカニズムと症状を徹底解説|よくある質問集付き

AGAクリニック以外から購入した個人輸入の危険性

海外から個人輸入した55.4%が偽薬だったというデータも。

医師の処方せんが不要なので偽物が入っていてもわかりません。

健康被害を受ける可能性があり、副作用が起きても保証制度が利用できません

成分、用法や用量を正しく理解できないので治療は難しい。

【AGA治療薬の個人輸入は偽薬が多い】AGAクリニックとの違いも解説

男性がAGAになるメカニズム

AGAになるメカニズムはヘアサイクルが乱れることで起きます。

若い男性でも髪の毛が薄くなる可能性は十分にあります。

ゆるい
ゆるい

筆者も20代からAGA予防を始めました

【AGAによる薄毛と抜け毛の予防】薄毛の原因とメカニズムを徹底解説

オンライン診療によくあるAGA治療の疑問を解消

question-2

AGA治療にはいろいろ不安がつきものです。

これからオンライン診療を受けようと思っている方の口コミをもとにAGA治療の疑問をまとめました。

AGAクリニックのオンライン診療は医師が診察する

オンライン診療は医師が診察。

オンライン診療を行う専門医は医療機関に所属し、どの医療機関に所属しているか公表することが決められています。

直接医院で診察を受けることと同じ程度に、患者の心身の状態に関する診断を行います。

ⅱ 医師の責任オンライン診療により医師が行う診療行為の責任については、原則として当該医師が責任を負う。このため、医師はオンライン診療で十分な情報を得られているか、その情報で適切な診断ができるか等について、慎重に判断し、オンライン診療による診療が適切でない場合には、速やかにオンライン診療を中断し、対面による診療に切り替えることが求められる。 また、医師は患者の医療情報が漏洩することや改ざんされることのないよう、 情報通信及び患者の医療情報の保管について、十分な情報セキュリティ対策が講じられていることを確認しなければならない。

厚生労働省オンライン診療の適切な実施に関する指針
ゆるい
ゆるい

オンライン診療は厚生労働省の許可のもとおこなわれているので安全!

通院しなくても専門医が診察する【AGAクリニックはオンラインでも安全】

オンライン診療のAGA治療は保険が適用されない

AGA治療は命に関わる病気として見なされていないため、基本は保険が適用されません

医療費控除は病気の治療を目的とした行為に対して発生した費用が対象となるので、基本はすべて医療費控除の対象外として考えます。

【薄毛治療が保険適用する基準】自由診療と保険診療の違いを解説

オンライン診療で受けるAGA治療はほとんどのクリニックで同じ品質

大手クリニックは在籍専門医も多く、治療実績も多いので安心。

オンライン診療はどこでも同じ品質なのでオンライン診療を受けるなら一番安い場所がオススメです。

一方クリニック以外にも皮膚科や美容皮膚科でもAGAは治療可能です。

実際の口コミもまとめて別にしました。

【実例あり】医療機関ごとのAGA治療のメリットとデメリットを解説

女性がAGAクリニックを利用するならミノキシジルの流布をオススメ

woman

AGA治療薬は妊娠を希望される女性には処方または服用も禁止されておりますので、女性にはミノキシジルの塗布をオススメします。

【女性の薄毛|FAGAの治療薬5つ】知っておきたい効果と避けるべき治療薬を解説

番外編|筆者の赤裸々体験談をご紹介

僭越ながら筆者の体験談をご紹介します。

少しでも気になったよ!って思ったら次の記事で正直に書いています!

AGAクリニックのオンライン診療を利用した体験談

筆者が実際にAGAクリニックでオンライン診療を体験したレビューです。

AGAのオンライン診療体験レビュー【イースト駅前クリニックは本当に電話診療可能か】

医療レーザー脱毛と美容脱毛の体験談

筆者の脱毛体験談は次の記事で体験レビューしています。

【医療レーザー脱毛と美容脱毛の体験レビュー】どちらも体験した筆者が解説

ABCオンラインを2か月利用したオンラインサロン体験談

オンラインサロンの体験談は次の記事で体験談をしています。

ABCオンライン2か月体験レビュー【使いこなせ!最高のブロガー|オンラインサロン

オンライン診療を利用したAGAクリニックの治療はAGAを予防できる

female-doctor

オンライン診療を利用することで誰にも見られることなく治療。

オンライン診療はリモートで診察するので在宅ワークでも手軽に診察できます。

AGAは進行する薄毛なので予防することで効果が期待。

一方で自分だけで治療を完結することは難しいです。

間違った治療をしてしまうと薄毛の進行を止めることはできません

厳選したAGAクリニックではAGAの進行を抑えることがでくるクリニックです。

AGAの悩みは人それぞれなので、まずは無料カウンセリングで薄毛の悩みを相談しましょう。

薄毛の悩みを無料相談

AGAクリニックに通ってみませんか?プロが無料でカウンセリングします。
AGAクリニックTOP5
AGAクリニックTOP5