【AGA治療薬の個人輸入は偽薬が多い】AGAクリニックとの違いも解説

【AGA治療薬の個人輸入は偽薬が多い】AGAクリニックとの違いも解説
  • おすすめの代行サイトはどこ…
  • 本当に効果のあるAGA治療を教えて!
  • 回復度合いに違いはあるの?

AGA治療薬を利用しようと思い、個人輸入を検討される方は多い。しかし個人輸入で入手したAGA治療薬は信用できず、どこで入手したら一番効果があるか悩む方は多くいます

この記事では、個人輸入でAGA治療薬を入手するのがNGな理由を解説します。記事を参考にすれば、個人輸入について今より詳しくなります

個人輸入は医師が間に入らない分安くなりますが、偽薬など発がん性物質を含んだものが流通します。長期間服用するため、医師が処方したAGA治療薬を服用しましょう。

AGA治療薬の個人輸入はおすすめできない

ng

個人輸入はおすすめできません。AGAクリニックでは医師による検査を受けたものが流通。個人輸入で入手できるものはリスクが大きく、「フィンペシア」は過去に発がん性物質をコーティングしていた事例があります。

個人輸入をおすすめできない主な理由は下記の3つです。

  • 正しい治療方法で治療できない
  • 偽物がある可能性
  • 救済制度が利用できない

正しい治療方法で治療できない

AGA治療は本来薄毛の進行度合いなど、医師による適切な判断のもと服用を指導

しかし個人輸入では正しい服用方法がわからず、間違った治療方法に走りがちです。

一方AGAクリニックでは医師による診察のうえ、それぞれに合った治療法が提案されます。

ゆるい
ゆるい

過不足なく治療を受けられるのはAGAクリニックだけ。

偽物がある可能性

個人輸入で流通しているAGA治療薬はほとんどが国内未承認薬。海外で作られたAGA治療薬の多くが偽物だとWHOが警笛を鳴らしています。

WHOによる偽薬の見分け方は下記の5つがあります。

  • パッケージの状態
  • パッケージ記載内容のスペルミスや文字の誤り
  • 製造日と有効期限の記載が外側と内側のパッケージでも同じか
  • 薬の偏食や劣化、異臭がないか
  • 明らかに安すぎる価格

AGAクリニックの最安値でも1か月3,000円ほどが最安値。1錠数十円など明らかに安すぎる価格の場合、偽物がある可能性が高いです。

救済制度が利用できない

治療薬を正しく服用したのに重篤な副作用が起きた場合、医薬品医療機関総合機構による保証制度があります。

医薬品副作用被害救済制度とは、医薬品の副作用で入院が必要なほど危険な健康被害が生じた場合、医療費や年金などの給付を行う公的な制度です。

独立行政法人|医薬品医療機器総合機構|医薬品副作用被害救済制度

しかしこの制度は国内の正規取扱されたものに限ります。

日本国内で正規に流通している医薬品、化粧品や医療機器などは、医薬品医療機器等法に基づいて品質、有効性及び安全性の確認がなされていますが、個人輸入される外国製品にそのような保証はありません。

厚生労働省|医薬品等を海外から購入しようとされる方へ

チェックポイント

個人輸入で入手したAGA治療薬では救済制度は利用できません

個人輸入とAGAクリニックの違い

drag

AGA治療薬を個人輸入で入手する場合と、AGAクリニックで入手する場合の主な違いは下記の3つです。

  • 医師による検査がない
  • 料金が個人輸入の方が安い
  • 成分鑑定を行わない

医師による検査がないAGA治療

医師による検査がないのでAGA治療が合っているのかわかりません。AGAは体質などで治療法がかわります

AGAは軽度であればミノキシジル外用を利用する、フィナステリドを服用するだけで長い間髪の毛がなくなることはないです。しかし個人輸入で入手したミノキシジル外用は海外の基準値の濃度であったり、フィナステリドは偽薬であったりするので効果が期待できません。

海外製のデュタステリドには日本国内基準の0.2mgや1.0mgと比べて5〜25倍の5mgのフィナステリドが含まれているのでおすすめできません。

体への異変の原因がわからないのも個人輸入のデメリット。

料金が個人輸入の方が安い

海外製のAGA治療薬は価格が安く、日本では市販されていない治療薬も入手できます

海外から輸入する際に医師をはさまないので料金が安いです。。

しかし個人輸入で入手した薬で死亡した事例もあります。AGA治療薬ではありませんが個人輸入には危険が伴ないます。

チェックポイント

料金が安い分粗悪な商品も混ざっている可能性があり、長期的に服用するAGA治療では安全なクリニックから入手すると安心

個人輸入した未承認医薬品等の服用後に発生した健康被害事例について(外部リンク)

成分鑑定を行わない

個人輸入で入手したAGA治療薬は成分鑑定を行いません。AGAに効かない場合があります。

AGAは男性ホルモンのテストステロンに5αリダクターゼが結びつくことで、ジヒドロテストステロンが発生することで起こります。ジヒドロテストステロンを生成しないようにフィナステリドが作用して薄毛改善が起こります。

しかし成分鑑定を行わないのでフィナステリドが含まれないAGA治療薬が流通し。個人輸入のサイトには成分が表記されていたのに、成分鑑定を行ったところ含まれていない事例もあります。

個人輸入のサイトには表記されているから安心できるといった安易な考えでは偽薬を掴みます

個人輸入でAGA治療薬を入手するなら

個人輸入代行サイトなどで購入可能。代表的なところでオオサカ堂があります。しかしオオサカ堂は「サイトにアクセスできない」「購入後に商品が届かない」などの声が多くあります。

オオサカ堂という名前なので、大阪に会社があると想像しますよね。しかしオオサカ堂は日本ではなく香港に所在地があります。

個人輸入を利用する場合、海外の会社から入手していることは理解しておきましょう。

AGA薬の個人輸入代行の危険性は「オオサカ堂」が証明している!(外部リンク)

時間がないならオンライン診療が安全

時間がないならオンライン診療がおすすめ。オンライン診療は自宅にいながらAGA治療を低コストでできます。

オンライン診療は医師による診察もあるので偽薬といったことはありません。安心して治療ができます。

一方で個人輸入より料金は高くなります。料金と治療内容に納得できるならAGAクリニックも検討の余地があります。

低価格と安全は両立しません。AGAクリニックの最安値は1か月が3,000円ほどです。この価格より安い場合、安全だという保証はないです。

個人輸入よりAGAクリニックが安全

safety

AGAはクリニックで治療してもらうほうが無難。個人輸入だと下記の理由からおすすめできません。

  • 正しい治療方法で治療できない
  • 偽物がある可能性
  • 救済制度が利用できない

AGAクリニックで購入した治療薬は偽薬の可能性はありません。長期間服用するAGA治療ではできるだけ安全な治療を選びましょう

個人輸入で治療をすると救済制度が使えません。AGAではありませんが死亡した事例もあります。

個人輸入よりクリニックで治療を受けることをおすすめ。オンライン診療なら在宅でも治療可能です。

まずは無料カウンセングを受け、薄毛の悩みについて相談してみましょう。

【厳選おすすめAGAクリニック5選】初心者でも通いやすいクリニックを徹底調査

AGAクリニックに通ってみませんか?プロが無料でカウンセリングします。
AGAクリニックTOP5
AGAクリニックTOP5