【フィナステリドをやめたい人必見】副作用をAGAクリニック利用歴5年の筆者が暴露!

【フィナステリドをやめたい人必見】副作用をAGAクリニック利用歴5年の筆者が暴露!

最近あなたはAGAクリニックでフィナステリドを処方してもらい、副作用があるのか知りたくてこのような悩みを調べていませんか?

  • リバウンドで服用まえより悪化すると聞きました…
  • 男性器に違和感が感じたのでやめたい
  • 将来子どもができるのかな?

「ネットには正しい情報が載っていない」と思いながらもAGA治療を続けている人は少なくありません。

フィナステリドについて詳しく解説した情報は少なく、正しい情報を知りたい人は多いはず。

この記事では、フィナステリドをやめるべきタイミングと副作用のリスクについて解説します。

ゆるい
ゆるい

今回は「フィナステリドは悪いと思う人」の意見にフォーカスしています。

言葉を選べないこともありますので、見たくないと思う方はここで引き返してくださいね。

フィナステリドは妊活のタイミングでは一時的にやめる必要があります。

また、妊活以降のタイミングでは再度内服することに問題はなく、AGA治療としてフィナステリドより効果的なものはありません。

妊活のタイミングでフィナステリドを内服すると、不妊症になる可能性があります。

妊活期間は育毛剤やシャンプーを利用して、安全にAGAの進行を抑えましょう。

年齢を問わずに使える

選んだのは肌に優しく香りが爽やかシャンプー

【暴露】フィナステリドは男性型脱毛症を抑えるだけじゃない

demerit-1

フィナステリドはAGA(男性型脱毛症)の治療薬として世界中で広く使用されています。

しかしフィナステリドは医薬品であり、副作用がないわけではありません

フィナステリドの副作用は主に以下の3つがあります。

  • 精子の活性化を抑えてしまう
  • 内服すると勃起不全になりやすい
  • 内服すると性欲はかなり減る可能性がある

フィナステリドの生殖器に与える影響は、見るメディアによって大きく二分されています

ゆるい
ゆるい

記事の後半では、見るメディアによって内容が違う理由も解説していきますね。

精子の活性化を抑えてしまう

フィナステリドを服用すると一時的にDFI(損傷した精子の割合)が増えます

つまり服用すると精子に悪影響を与えるのです。

実際に低容量フィナステリドを服用している48歳の男性はDFI (損傷した精子の割合)は30%でした。

この値はフィナステリドを中止してから3か月後、DFI(損傷した精子の割合)は21%に減少し、さらに3か月後には16.5%に改善されました

副作用が必ず深刻なものであるわけではなく、現在では副作用はハッキリしたデータは多くありません。

「医者が提供するものだから安全」ではなく、医薬品には必ず副作用があるものだと思いましょう。

参考:fertil steril 2011;95: 1786.e9-11(医学論文)

内服すると勃起不全になりやすい

フィナステリドを服用すると陰茎が立たず、セックスが困難な体になる人がいます

セックスができたとしても、射精時に快楽を感じられなくなった方も。

フィナステリドを服用した筆者も、服用以前より立ちにくくなりました。

しかし勃起不全まではなりません。

パートナーが居て、妊活の予定がある方にとっては不要なものです。

内服すると性欲はかなり減る可能性がある

フィナステリドを内服し続けると、体質にもよりますが性欲はかなり減ります

つまり「セックスをしたくなくなる」。

筆者もフィナステリドを内服して明らかに性欲は減りました。

セックスが楽しい人にとっては、フィナステリドは敵ともいえる存在です。

ただし、内服を一時的に中止したら性欲が少しずつ戻っていくのを体感しました

【暴露】フィナステリドはやめたらAGAが進行する

demerit-2

フィナステリドを止めると必ずAGAは進行します。主な根拠は下記の2つです。

  • 根本的なAGA治療ではなく抑えるだけ
  • フィナステリドはもともと前立腺肥大の治療薬
ゆるい
ゆるい

フィナステリドは毎日継続して服用することで効果を発揮するものです。

ここでは継続服用についてフォーカスします。

根本的なAGA治療ではなく抑えるだけ

フィナステリドはAGAを抑えるだけで、AGAをなくすことはできません

体質にもよりますがAGAは加齢とともに進行し、血中から消失したタイミングで効果も消えてしまいます

現時点はAGA治療で完全になおすことはできず、AGAの進行を緩やかにすることだけです。

継続してフィナステリドを飲むことが、AGAの進行を抑える唯一の方法です。

フィナステリドはもともと前立腺肥大の治療薬

フィナステリドは1992年にアメリカで前立腺肥大の治療薬として認可され、その後男性型脱毛症に効果が明らかになり、AGA治療薬としても認可されました。

もともと男性型脱毛症として開発された薬ではなく、二次的な作用としてAGA治療薬に承認されています

つまり、もともとAGA治療薬として設計されておらず、違う症状に合わせて作られています。

これをどうやって捉えるかは人によって異なり、なぜ男性型脱毛症に効くのかわかっていません

安全性という面で、長期服用の体に与える影響は不透明です。

参考:ウィキペディア

【実録】ポストフィナステリド(PFS)に苦しむ人々

demerit-3

2000年代にEUでは「セックスが楽しめない」「気分が落ち込んだまま」といった報告が多数あり、ポストフィナステリド症候群(PFS)と言われるようになりました。

アメリカではポストフィナステリドに苦しむ人々を救うため、ポストフィナステリド症候群財団が設立されます。

ポストフィナステリドによくある内容は下記の3つです。

  • ポストフィナステリド症候群(PFS)は勃起不全・不感症を指す
  • 服用を中止してもポストフィナステリド症候群(PFS)は残る
  • フィナステリドはDNAを変える・壊している
ゆるい
ゆるい

日本において有名ではありませんが、ポストフィナステリド症候群財団は多くの医師に支持されている団体です。

フィナステリドの治療を始めているなら、必ず覚えておきましょう。

男性型脱毛症とポストフィナステリドのどちらをとるのか、フィナステリドによる治療は選択しないといけません。

ポストフィナステリド症候群(PFS)は勃起不全・不感症を指す

ポストフィナステリドとは、フィナステリドを内服することで起きる副作用です。

大まかな内容は下記の7つ。どれも臨床症状が認められています。

  • 勃起障害
  • 性欲減退
  • 射精障害
  • ペニスサイズ減少
  • 女性化乳房
  • 抑うつ
  • 男性不妊
ゆるい
ゆるい

ではなぜそこまで怪しいと思う薬が世界中で出回っているのでしょうか。

それは医師達にもハッキリとした根拠が少なく、断定するのが難しいから。

ポストフィナステリドに裏付ける根拠は、今のところ揃っていないのが現状です。

なんとなく、そうではないかというのが今の研究段階。

さらに、フィナステリドほどAGAに効く薬もありません。

人によっては薄毛を改善する頼みの綱でもあります。

服用を中止してもポストフィナステリド症候群(PFS)は残る

ポストフィナステリド症候群は、現在決まった明確な治療法が確立されていないです。

服用後にも性的不全や落ち込みなど、多くの副作用に苦しめらている方は多くいます。

「ポストフィナステリドを医師に相談しても相手にされなかった」といのはよくあることです。

なぜなら医師は「因果関係はない」と決めつけることが通例だからです。

日本国内のAGAクリニックは大半がホームーページなど、フィナステリドは安全という見方をしています。

ネットでは個人輸入による入手も横行しており、誰でも手軽に入手できます。

「安全」なのか「危険」なのかはいまだ議論の余地のある問題です。

フィナステリドはDNAを変える・壊している

2021年9月にベイラー医科大学で発表された「フィナステリド後症候群患者における差次的遺伝子発見」では、フィナステリド後症候群の患者に生物学的に相関する遺伝子発見の証拠を見つけました。

つまり、ポストフィナステリドに当たる人には普通ならない遺伝子があったと発表したのです。

また、「フィナステリド後症候群:内分泌かく乱による薬物誘発性エピジェネティクスの臨床症状」ではDNAに悪影響を与える根拠の発表しています。

2022年以降、フィナステリドの副作用問題は表面化されていくでしょう。

【実録】フィナスリドの裏にある利権の世界

demerit-4

ここまでフィナステリドの疑惑に触れてきました。

しかしフィナステリドはAGAクリニックや美容クリニックでは一般的です。

なぜAGAクリニックなどはポストフィナステリドにはいっさい触れないのでしょうか。

考えられる主な理由は下記の2つです。

  • AGAクリニックや製薬メーカーにとってフィナステリドは大事な商品
  • 紹介するメディアや広告を打っている企業にとっても大事な商品
ゆるい
ゆるい

簡単な理由ではなく、複雑な世界です。

フィナステリドがAGAに有効な治療薬であることは変わりませんし、一辺倒に悪いというつもりもありません。

一方で裏の世界を知ることで盲信することもなくなります。

二分された両方の見方を知ることで、AGAにより詳しくなれます。

AGAクリニックや製薬メーカーにとってフィナステリドは大事な商品

AGAクリニックやその薬を作っている製薬メーカーにとって、フィナステリドは大事な「売上を作る商品」です。

購買意欲が下がってしまうほどのリスクを記載するはずがありません

AGAクリニックや製薬メーカーにとって「都合のよい」臨床試験を並べるのです。

自分達の商売に悪影響を与える内容は控えめに記載しています。

紹介するメディアや広告を打っている企業にとっても大事な商品

いわゆるアフィリエイターと呼ばれる人々や、自ら広告を打っている企業にとっても「大事な商品」です。

広告を打つことは、それだけ儲かる仕組みがあります。

「なんとなく目にした広告」はすべての人々にプラスに働く訳ではりません

届けなくてもよい人にまで、広告が届くことはよくあることです。

【重要】フィナステリドは妊活のタイミングで一時的にやめてしまおう

get-up

フィナステリドをやめることは妊活を成功させるためにも重要なことです。

フィナステリドの内服を一時的にやめてしまい、ポストフィナステリドの症状を抑え不妊症にならないようにしましょう。

ポストフィナステリドを抑えて薄毛を治療するなら、妊活期間だけフィナステリドをやめるのがベストです。

ポストフィナステリドによくある症状は下記の3つです。

  • 精子の活性化を抑えてしまう
  • 内服すると勃起不全になりやすい
  • 内服すると性欲はかなり減る可能性がある

フィナステリドの内服をやめるとAGAは進みます。

他にも使える薄毛治療は育毛剤とシャンプーにこだわることです。

定期配送で便利な育毛剤とシャンプーを徹底調査しました。

若い男性でも使える、薄毛の進行を抑える方法です。

フィナステリドの副作用が気になる人は、厳選した育毛剤とシャンプーでAGAを抑えましょう

年齢を問わずに使える

選んだのは肌に優しく香りが爽やかシャンプー

AGAクリニックに通ってみませんか?プロが無料でカウンセリングします。
AGAクリニックTOP5
AGAクリニックTOP5