【女性の薄毛|FAGAの治療薬5つ】知っておきたい効果と避けるべき治療薬を解説

【女性の薄毛|FAGAの治療薬5つ】知っておきたい効果と避けるべき治療薬を解説
  • 薄毛の治療を受けるのは可能かな…
  • 生まれつきの薄毛を解消したい
  • AGAクリニックは男性が行く場所だけど行っても良いのかな?

薄毛は男性だけの問題ではありません。だんだんと髪の毛が薄くなってきたと、悩んでいる女性は少なくないはず。

この記事では、女性の薄毛「FAGA」を治療する方法を解説します。記事を参考にすれば、FAGAの治療で避けるべきことがわかります

女性用のミノキシジルを使えば、副作用を抑えつつFAGAの治療ができます。頭皮への負担を最小限に抑えるため、ミノキシジルの濃度は1%までのものを使いましょう。

FAGAの治療で知っておきたいこと

worman

FAGAは「男性ホルモンを原因とする女性の薄毛」であり、FPHLと呼ばれる「女性の薄毛全般」の中の一つです。女性の薄毛全般を、FAGAとして使っている場合もあるので間違えないようにしましょう。

FAGAとは

FAGAとは「Female Androgenetic Alopecia」の略称。女性男性型脱毛症を表します。症状は下記の3つのがあります。

  • 髪が細くなる
  • 全体的に髪が薄くなる
  • 頭頂部での薄毛が目立つ

メカニズム

FAGAの脱毛パターンはルードヴィヒ分類というもので分類されます。女性の場合は下記の3パターンがあります。

  • ルードヴィヒ分類Ⅰ型:頭頂部の毛髪が細くなり、分け目が目立つ
  • ルードヴィヒ分類Ⅱ:Ⅰ型よりも頭頂部全域が薄くなり、地肌も目立つようになる
  • ルードヴィヒ分類Ⅲ:頭頂部の薄毛がさらに進行し、地肌が露出する

原因

FAGAの原因には下記の3つがあります。男性ホルモンの一種ジヒドロテストステロンと呼ばれるAGAの原因が、なにかしらの形で女性ホルモンに影響することが主な原因です。

  • ホルモンバランスの変化
  • 血行不良
  • 加齢による女性ホルモンの減少

産後の脱毛もFAGA治療薬が有効です。

FAGA治療薬ごとの詳細

yakuzaisi

FAGA治療では主に外用薬と内服薬があります。薄毛の症状や進行状況には個人差があるので、外用薬と内服薬を併用することもあります。

効果副作用
ミノキシジル外用高い弱め
パントガール弱め弱め
プラセンタ弱い弱い
ミノキシジル内服高いとても高い
スピロノラクトン高いとても高い
薄毛に悩む女性
薄毛に悩む女性

はじめはどれから始めるといいの?

ゆるい
ゆるい

最初はミノキシジル外用薬で治療するのがおすすめ。内服に抵抗がなければパントガールだと副作用も少ない!

ミノキシジル外用

FAGA治療ではミノキシジル外用を一番におすすめします。薄毛治療薬として最もポピュラーで安全。

ミノキシジルは育毛と発毛の効果があり、少ない副作用で確実に効果がでるので塗る治療薬としておすすめです。比較的安価なのもポイントです。

下記の3つに当てはまる場合、おすすめになる治療薬。

  • 副作用を抑えたい
  • 内服薬は避けたい
  • 手軽な治療がいい

頭皮の血行を促進するので薄毛全般に使われます。下記の3つに当てはまらないようにしましょう。

  • 濃度が1%以上
  • ミノキシジルでアレルギー反応を起こしたことがある
  • 未成年

AGAクリニックで買うメリットは濃度が濃いものを買えることなので、AGAクリニックで買う必要はありません

チェックポイント

濃度が1%以下のミノキシジル外用は市販で入手できます。

パントガール

女性の薄毛全般に効くサプリメントです。びまん性脱毛症の治療薬ですがFAGAも有効です。

ミノキシジル外用など育毛剤との併用も可能なので、予算内であればミノキシジルと併用することができます。抜け毛やヘアサイクルを改善し発毛を促します。

下記のような場合に使うと有効です。

  • 年齢を重ねて髪のボリューム感が減ってきた
  • 出産から授乳期間が終わり、産後の抜け毛を改善する
  • ストレスや不摂生で抜け毛が気になる

パントガールは女性の薄毛治療を行うAGAクリニックや医院で購入可能です。

プラセンタ

プラセンタを含むサプリメントにも効果があります。FAGA治療としては補助的な位置付けです。

体内に取り込むことで頭皮に新陳代謝の促進や保湿作用が起き、効果の中の一つとして薄毛にも効果があります

ルグゼバイブはパントガールにプラセンタを配合したサプリメントです。

副作用が少ないです。プラセンタよりパントガールがより効果の期待ができます。

ミノキシジル内服

ミノキシジル内服は女性の服用はNGです。

ゆるい
ゆるい

ミノキシジル内服(ミノキシジルタブレット)の危険性で一番に知ってほしいのは、世界中に薄毛治療薬として承認している国は一つもないことです。

ミノキシジルを内服することで心臓に負担がかかるので内服薬として使わないようにしましょう。

チェックポイント

ミノキシジルは内服しない。

スピロノラクトン

スピロノラクトンは薄毛の治療目的で使用しないです。利尿薬として使われ血圧に作用するので、健康な体で内服すると体調が悪化します。

クリニックで販売していることがありますが、自由診療で失敗してもクリニックは責任をとりません。

自由診療は同意の上治療していることを理解しておきましょう。

FAGAとAGAの違い

FAGAは女性にだけ起こる薄毛で髪の毛全体に薄くなることが特徴です。AGAは男性特有で生え際や頭頂部から進行します。

FAGAで使える医薬品はミノキシジル外用だけなので、進行を止めることができる医薬品はありまえん。AGAは薄毛が進行するスピードがはやいですが、FAGAはAGAほど進行しません

女性ホルモンのバランスが崩れないように健康体でいることが予防につながります。

FAGAは安全に治療

annzennni

FAGAの治療は安全にできます。主な治療方法はミノキシジル外用ですが、サプリメントを併用することで効果の期待が高まります

1人でFAGAを治療すると効果が実感できない場合があります。専門知識がないのに治療を継続するのも負担になります。

セルフケアに不安がある人や確実にFAGAを治療した人は、AGAクリニックを活用しましょう。「駅前AGAクリニック」は完全予約制で一般ビルにあるので通いやすいです。

まずは無料のカウンセリングを受け、FAGAの治療について悩みを相談してみましょう。

初月3,400円(税込)から|完全返金保証!

AGAクリニックに通ってみませんか?プロが無料でカウンセリングします。
AGAクリニックTOP5
AGAクリニックTOP5